デジモンカード地下施設

デジモンカードゲーム(略してデジカ)をテーマに書くブログ。黄色をメインとしたデッキ遊んでます。

【考察】第3弾開幕寸前!!!!黄色を全部チェックしていこう!!【黄色】

いつも黄色を使っています、がくたいです。

あと少しでデジカ勢みんなが待ち望んだ第3弾ユニオンインパクが発売されます!!

f:id:gakutai:20201026190212p:plain

10月30日をどれだけ待ち望んでいるか……有休をとった方も多いでしょう!!

 

この時期になると各ブログやユーチューブで新規カードの使い方考察や評価を多く見かけるようになり、勉強になるのと同時に得も言われぬわくわく感がありますよね!!

 

今回はデジカ発売以来黄色を使い続け、デッキ構築も知識もプレイングもそこそこだと自負しているが赤オメガには勝てない派閥の末席を汚させていただいている、ワタクシがくたいが1枚ずつ黄色を考察していこうと思います。

 ウパモン

 デジタマ
進化元効果

【アタック時】[ターンに1回]自分のセキュリティが3枚以下のとき、≪1ドロー≫(自分のデッキからカードを1枚引く)。

セキュリティ3以下でドローできるデジタマ。

今回からマスティモンとロップモンで自らセキュリティを減らす動きができるので、3枚以下という制限は、これまでより発動機会が多いかと考えられます

 

しかし、黄色はDPが低いので、あまりアタックしたくないのが正直なところ。

キュピモンよりも使いやすいですし、十分強いですが、想像よりは強くないと思います。

☆☆☆☆(星4つ)

アルマジモン

登場コスト3 進化コスト0 DP4000

効果
無し

進化元効果
無し

毎回入ってる3/0/4000カード。

他にいるから使わないってわけじゃなく、ヴォルケに加えてアルターと来たからもっと使いづらくなりました。

黄色はそもそもこのラインをあまり使わないのでは?

☆(星1つ)

プロットモン

登場コスト3 進化コスト0 DP1000

効果
無し

進化元効果
 【アタック時】このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-1000する。

ぶっちゃけ、悪くない性能ですね。

いつでもアタック時-1000ですから、他のカードと合わせて小型焼きできるし、11000打点で12000を相打ち取れます。

 

雑に使ってそこそこ強いので人によって好みが分かれます。僕はあまりうまく使えないカードです。

☆☆☆(星3つ)

ロップモン

 登場コスト3 進化コスト0 DP2000

効果
【登場時】自分のセキュリティの内容を上から1枚確認する。そのカードを手札に加えることで、≪1ドロー≫(自分のデッキからカードを1枚引く)。

進化元効果
無し

セキュリティ確認し、手札に加えてワンドローできるカード。もちろん、加えなくても良いです。

タケルと違って公開しなくて良いのも強い。

 

単純に手札二枚増えるので、キーパーツが多い黄色でこそ輝くカードですね!ぜひ使いたい!

登場させる暇があるか怪しいのが微妙な点ですが、ホーリードラモンや後述のエンジェウーモンでうまいこと出せればよいかなと思います。

 

☆☆☆☆☆(星5つ)

テイルモン

登場コスト4 進化コスト2 DP3000

効果
無し

進化元効果

 【アタック時】このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-1000する。

 プロットモンと同じく、アタック時に-1000打てるデジモンです。

登場4/進化2という、優秀なラインで無理なく採用できるのが良いですね。

 

これまでのレベル4ならば間違いなく入りましたが、1匹優秀なカードが来ましたからね。採用されるかは先ほどと同様、その人の好みに寄るでしょう。

DPがちょっと低めなのが気になります。

☆☆(星2つ)

アンキラモン

登場コスト5 進化コスト2 DP4000

効果
【セキュリティ】バトル終了時、このカードをコストを支払わずに登場させる。

進化元効果
無し

セキュリティに居ると盤面が増え、進化元にも使えるのでポテンシャルがあるカードですが、少なくとも枠が少ないシャインでは使われなさそう。

 

DP4000というのが痛い。
黄色じゃなければ、盤面が増えるので良いなぁと思いますが、セキュリティを殴られることが少ない黄色では使われないでしょう。

☆(星1つ)

トゥルイエモン

登場コスト6 進化コスト1 DP6000

効果
無し

進化元効果
無し

 6/1/6000のカード!待ってました!!

このカードは強いですよ!!!
1コストでLv4に進化できるのは単純に強く、セイレーンモンやアンティラモンと合わせて、レベル3から、1c→2c→3or4cでシャインや究極体になれます。

 

4cテイマーを最も強く使える流れで、育成ゾーンからlv3を出せば、そのターンでシャインを着地させられるんです。
また、dp6000なのも優秀。ブロッカーと相打ち取れるのはシンプルに強いですね!

 

今後は必須になるカード。みんな集めましょう!

☆☆☆☆☆(星5つ)

アンティラモン

登場コスト7 進化コスト2 DP8000

効果
無し

進化元効果
無し

 割と評価が分かれるカード。

登場コストが高く、効果が無い代わりに、進化コストが安くDP8000。
似たカードだと、1万エンジェウーモンとセイレーンモンがいます。

 

ちなみに僕は強いと思います。

  • 2コストで進化できるため、4cテイマーをうまく使える
  • ヒカリなどで4cある場合、トゥルイエモン以外のLv4でもターン中にシャインまで行ける
  • 対紫を考えれば、DP10000とDP8000はさほど変わらない
  • デュークモンに強い8000

一つ目は前述したとして、二つ目もそのまま。

ピーターモンやテイルモンなど、進化コスト2コストのデジモンを使ってLv3から進化する場合、これまではセイレーンモン以外ではLv5になったところでターンを渡してました。

ほとんどの場合、Lv5になると除去されますが、このカードはそのすきを与えないのがつよいかなぁと思います。

 

セイレーンモンとどちらが良いかと言われれば、登場コストが安い分、セイレーンモンに軍配が上がりますが、紫を重く見るのならば、アタックしても残りやすいDP8000は貴重でしょう。

 

☆☆☆☆(星4つ)

エンジェウーモン

登場コスト7 進化コスト3 DP6000

効果
 【進化時】次の相手のターン終了時まで、相手のデジモン1体に≪セキュリティアタック-2≫(このデジモンがチェックするセキュリティの枚数-2)を与える。

進化元効果
【アタック時】自分のセキュリティが3枚以下のとき、自分の手札から、黄のLv.3のデジモンカード1枚をコストを支払わずに登場できる。

 相手デジモン1体にセキュリティ-2を与えて、生き延びるカード。
ぶっちゃけ、セキュリティ-1でも強いので、オーバーキル感は否めませんが強いので良し。

 

赤・青・緑が超高速する環境が待っているでしょうから、このカードは結構活躍するんじゃないかな?
今、STエンジェウーモンが多くのシャイン系デッキで使われていると思いますが、今後はこのカードも必須級。やはりレベル5の枠の選び方は難しいですね……

tkgi.hatenablog.jp

 使い方は説明するまでもなく、セキュリティアタック+持ちや、アクティブ持ちが出てきたら(もしくは出てきそうなとき)に出しましょう。

1ターン確実に延命して、シャインで除去しましょう。

 

進化元効果も便利ですが、そもそもレベル3が少ないシャインでも使えるかは微妙。シャインじゃないならすごく活躍します。

 

いずれにせよ、エンジェウーモンという名前のため、他のエンジェウーモンと並べてオメガに焼かれないように注意!

☆☆☆☆☆(星5つ)

シャッコウモン

登場コスト8 進化コスト3 DP7000

効果
【自分のターン】このデジモンの色は青としても扱う。【相手のターン】進化元を持たない相手のデジモン全てに≪セキュリティアタック-1≫(このデジモンがチェックするセキュリティの枚数-1)を与える。

進化元効果
無し

アグロや究極体デッキ、紫など、素出しを多用するデッキテーマに刺さるカード。

効果はもちろん強いし、

  • ハンマースパークが使える
  • オメガになれる
  • 除去を撃たせられる

のが、特に強いかと思います。

 

ハンマースパークは言わずもがな、メタガルを乗っけてピーターティンカーで横並びしたり、ドゥルフモンで攻めたりなど、意外と器用に使えるカード。

 

しかし、進化コストが決して軽くないのと、システムカードだから場に置いておきたいので使いづらさの方が目立ちそう。

デッキによっては、本当にきつい一枚になると思いますが、攻撃的なカードじゃないため好みが非常に別れそうですね。私は使わないです。

☆☆☆(星3つ)

ケルビモン

登場コスト11 進化コスト3 DP11000

効果
【アタック時】自分のセキュリティが3枚以下のとき、自分のトラッシュから、黄のデジモンカード1枚を自分のセキュリティの上に裏向きで置く。

進化元効果
無し

何度もリカバリーできるのはマジでうれしい!!今のSTエンジェウーモンみたいに、特に理由がなければ入るカードではないでしょうか?

 

何度も言っていますが、今回からロップモンとマスティモンで自分のセキュリティを削れるので、3以下はすぐに達成します。
DP11000という脆さがあり、実際に効果が使えるのは1回か2回かな?

 

また、ケルビモンでセキュリティに持ってきたカードを、ロップモンで回収する芸当もでき、まさに緻密な戦術ですね。

 しかし、弱点はDPだけでなく、トラッシュを使うカードのため、中盤以降出なければ使いにくいというところもあります。

 

そういう点を差し引いても良い効果を持ったカードだなぁと思います。

☆☆☆☆(星4つ)

ラヴィスエンジェモン

登場コスト12 進化コスト3 DP10000

効果
【アタック時】自分のセキュリティが3枚以下のとき、このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-6000する。

進化元効果
無し

セキュリティ制限があるものの、効果は弱くないです。
DP-6000は脅威で、ブロッカーを消滅できるのはもちろん、Lv5でもギリギリ消滅可能ライン。
また、現状、戦闘ですべてのデジモンに打ち勝てます。

 

しかし、進化コスト3というのがネックで、大きくコストをもらったターンしか上手くつかえなさそうだと感じてしまいます。

DPは低いけど、スラッシュエンジェモンのほうが使いやすいかな。

 

☆☆(星2つ)

スレイプモン

登場コスト12 進化コスト3 DP11000

効果
【進化時】次の相手のターン終了時まで、相手のデジモン5体までに≪セキュリティアタック-2≫(このデジモンがチェックするセキュリティの枚数-2)を与える。【消滅時】このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-11000する。

進化元効果
無し

5体までセキュリティアタック-2を撃てれば、ほぼ確実に足止めできると思いますが、育成エリアのカードには効きません(涙)

 

消滅時効果で-11000しますのでセキュリティアタックで消滅しても、使ったコスト分は働いてくれます。あと、除去されずらいのもよいところ。

全然弱くないと思いますが、パッとしないのは受け身だから。
そこそこイケメンでも受け身の男は死ぬまで童貞じゃないですか。それと一緒。

 

キメラモンなどの能動的に破壊できるカードと、リターンマッチあたりを組み合わせて、最強のデッキを作ろう!!!

☆☆☆(星3つ)

ビフロスト

使用コスト3

効果
【メイン】次の相手のターン終了時まで、相手のデジモン1体のDPを-3000し、そのデジモンに≪セキュリティアタック-1≫(このデジモンがチェックするセキュリティの枚数-1)を与える。
進化元効果


セキュリティ効果
【セキュリティ】このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-3000し、そのデジモンに≪セキュリティアタック-1≫(このデジモンがチェックするセキュリティの枚数-1)を与える。

 3コストでセキュリティ-1と-3000を撃てます。

一応、効果は両方同時にかかりますが、

  • 低DP焼き
  • セキュリティアタック-1で1ターン足止め

のどちらかを使い分ける形になるかと思います。

 

評価がそんなに高くないですが、個人的にはホーリーフレイムよりも汎用的な点で評価をしています。
青の連続攻撃はセキュリティ-1で止まりますし、緑はアグロ焼きのほうが効きそうですしね。

☆☆☆☆(星4つ)

クラッカー!!

 使用コスト4

効果
【メイン】相手は、相手のセキュリティを上から1枚破棄できる。破棄しなかったとき、自分は≪リカバリー+1《デッキ》≫(自分のデッキの上からカードを1枚セキュリティの上に置く)。

セキュリティ効果
無し

 コストが4の上に、セキュリティ効果がないので萎えますね。

しかし、効果はなかなか?かなと思います。

相手のセキュリティを1枚破壊か、自分でリカバリー。

 

殆どの場合リカバリーが選ばれますので、実質4コストでリカバリーできるカード。そう聞くと強く感じますね。僕は使いませんが……

☆(星1つ)

たくさんありますが、使いたいカードは?

ざっと見てきましたが、皆様気になるカードはありましたか?

個人的には、シャインで使うならばトゥルイエモン、ロップモンあたりは使ってみたいですね!

 

【優勝!!】シャイングレイモンの回し方【デッキレシピ】

こんにちは、がくたいです。いつも黄色でテイマーバトルに参加しています。

初めて熊本でテイマー交流会が開催されたのは7月後半からだったと記憶しておりますが、そこから3カ月。ようやく優勝することができました!!!

 

 

やっと優勝できて有頂天になっているのと、2弾環境で大会に出る機会はもうなさそうだなぁということで、シャイングレイモンの現状のデッキレシピと、各相手との戦い方をまとめておきたいなと思います。

 

ぶっちゃけ、シャインはまだまだテンプレらしいテンプレが存在しておらず、使う人や周りの環境によって差が出るデッキです。

一個の参考程度にご覧くださいませ。

ちなみに、これまでの経緯はこちら。

 

tkgi.hatenablog.jp

tkgi.hatenablog.jp

tkgi.hatenablog.jp

 今見返しても、同じ黄色シャインというデッキで(最初は黒タッチを使ってましたが)約二か月半遊びまくったなぁと面白くなりますね!

 デッキレシピ

f:id:gakutai:20201018155420p:plain

デジタマ 5

キュピモン*4
トコモン*1

 

デジモン 50

レベル3*11
STパタモン*4
ティンカーモン*3
ラブラモン*2
ツカイモン*1
BTプロットモン*1

レベル4*10

ユニモン*4
ピーターモン*4
レッパモン*2

レベル5*8

セイレーンモン*3
ライズグレイモン*3
BTエンジェウーモン*2 

レベル6*6

シャイングレイモン*4
スラッシュエンジェモン*2

 

テイマー*11

STタケル*3
BTタケル*4
ヒカリ*2

 

オプション*6

ホーリーフレイム*3
ホーリーエスパーダ*1
グロリアスバースト*2

 カード紹介(抜粋)

入っているカードは、シャインをメインで使っている人ならば一度は使ったことあるカードがほとんどでしょう。

 

特徴的だったり、今回新たに入れたら活躍したりしたカードを紹介していきます。

ピーターモン+ティンカーモン

f:id:gakutai:20201018162159j:plain

f:id:gakutai:20201018162214j:plain

ピーターモン
Lv4 DP5000

効果
【登場時】自分の手札かトラッシュから、「ティンカーモン」1枚をコストを支払わずに登場できる。

進化元効果
無し

黄色の強みの一個、ピーターティンカー。
5コストで2体のモンスターを登場させられるカード。

 

墓地にティンカーがいないからと言って安心していると、手札からピーターティンカーが出てくることもあり、なかなかやっかいな存在です。

 

前まではピーター・ティンカー共に4枚ずつ採用していましたが、今回は枠の都合でピーター4ティンカー3にしました。

4枚採用していてもピーターモンを登場させる機会は1試合に1回か2回です。

 

ヴォルケニックに焼かれないDP5000ですから、2コストで進化させて棒立ちに差せておくこともまぁまぁありました。

 

シャインはテイマーを多く入れないといけないため、ピーター・ティンカーに割くスペースなどない!!という方も多いようで、入れていないデッキも多いですが、私はいれることをお勧めします!

 

  • DP5000でヴォルケニックをケアできる
  • 墓地のティンカーを使いまわせるため、デッキ切れ対策になる
  • 5コスト登場で盤面を増やせる
  • 2コストで進化できる

他にレベル4で絶対に入れたいカードはユニモンだけで、その他レベル4は自由度が高い部分です。一度試してみてください!

BTエンジェウーモン

f:id:gakutai:20200906114550p:plain

エンジェウーモン DP10000

登場コスト7 進化コスト3

効果
無し

進化元効果
無し

私がくたい一押しの一万エンジェ

tkgi.hatenablog.jp

 黄色のレベル5は優秀なカードが多く、無限の組み合わせがある部分。
ホーリーエンジェモンを入れる人もいれば、STエンジェウーモンを入れる人もいます。

ミスティモンでアグロ対策してる人もおり、皆様に採用意図がはっきり出てくる枠だと考えています。

 

今回のレベル5は

  • セイレーンモン*3
  • ライズグレイモン*3
  • 一万エンジェ*2

の三種類です。

セイレーンモンは安い進化コストと登場コストで、手軽にシャインにアクセスするため。
ライズは、セキュリティ+の効果と、進化時にテイマーを張る効果が強く、採用しました。

 

一万エンジェは、主に紫対策のために入れています。
レストになって除去カードのトランプソードを躱すためですね

 

実際、DP7000(ライズグレイモン)でセキュリティアタックする場合と、DP10000でアタックする場合だと、キメラモンに勝てるかどうかですが、意外とメタガル軸紫が増えてますし、ヴェノムヴァンデ採用型も多く、他のレベル5も多い環境。

 

DP7000とDP10000で殴るのだと生き残る確率はもちろん変わりますし、何より精神衛生の問題で優れているので、紫を重く見るのならば一万エンジェは入れておきたいです。

 

STエンジェウーモン(リカバリーのほう)を採用していない理由は特にないので、本当にこのラインは難しいなぁと思います。

スラッシュエンジェモン

f:id:gakutai:20200716204810j:plain

スラッシュエンジェモン DP8000

登場コスト11 進化コスト3

効果

【進化時】このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-8000する。

進化元効果
無し

最後の最後まで迷ったLv6枠は、今回スラッシュエンジェモン2枚で挑みました。

シャインでレベル6を採用するならば、

  • BTセラフィモン(リカバリー+1とセキュリティアタック+1)
  • スラッシュエンジェモン(進化時DP-8000)
  • ホーリードラモン(セキュリティ3以下のとき、リカバリー+2)
  • ホーリードラモン(DP12000、進化コスト2)
  • オファニモン(消滅時自身をセキュリティに置く)

の、5個の選択肢があります。

 

それぞれ強みがあり、レベル5以上にデッキ選択の時点で勝敗に直結する部分。
これまでは、リカバリーで延命+セキュリティアタックで序盤でも攻められるように、BTセラフィモンを採用していました。

 

BTセラフィモンは一番無難な選択だといまだに思っていますが、相手を除去するわけではないのと、DP10000というのが弱点で、出された次のターンには消滅してることが多い印象。

相手の頭数を減らせないので、シャインを引けてなかったり、テイマーが並んでなかったりする時の解決にはならないとおもい、抜きました。

 

今回は、テイマーがいない時でも完全体を消滅させられるセラフィモンを採用
結果、特に赤に有効なカードだと思います。

場に棒立ちすることが多いラヴォガリータモンをはじめ、青のワーガルルや紫のキメラモンを除去しつつ、ラブラモンと合わせてドローできるのは、高評価で使いやすい。

 

しかし、使う場面は1回あるかないかで、基本的にはシャインに進化させた方が強いので、1枚採用でもよいかなと感じました。かといって、引かなかったら意味ないし、難しいですね!

ヒカリ

f:id:gakutai:20200802101556j:plain

八神ヒカリ
登場コスト3

効果
【自分のターン開始時】自分のセキュリティが3枚以下のとき、メモリーを+1する。

 どうせ4止めしてくるんだから、ヒカリ抜きで良いじゃん……と思っていましたが、やっぱり無いとダメですね。

 

そもそも、シャインはいかにテイマーを出すかのデッキで、頭数が増えるだけでも強いです。
シャインの決定力が上がります。

 

ヒカリがあるだけで相手はセキュリティアタックを躊躇してきますのでこっちは安全に準備ができます。
枠さえあれば4枚入れても良いくらい強い。

ホーリーフレイム

f:id:gakutai:20200809204104p:plain

ホーリーフレイム
使用コスト2

効果
【メイン】次の相手のターン終了時まで、相手のデジモン1体に≪セキュリティアタック-3≫(このデジモンがチェックするセキュリティの枚数-3)を与える。

セキュリティ効果
【セキュリティ】このターンの間、相手のデジモン全てに≪セキュリティアタック-1≫(このデジモンがチェックするセキュリティの枚数-1)を与える。

人によって評価が変わるカード。

 

メインの効果は一体にセキュリティアタックー3。セキュリティで捲れれば、相手全部にセキュリティ-1を付与でき、引いても良し、捲れても良しなナイスガイです。

 

確かに、相手の盤面の数を減らせるカードではないですが、シャインを使う場合、1ターン猶予をもらえれば盤面を全部除去できるパワーがあります。

 

特に刺さるのは、連続アタックとセキュリティ+に頼りがちな、アルフォース・アルゴ
実際、大会優勝できたのはホーリーフレイムのおかげ。

 

相手の攻め手を確実に止めて、1ターン生き延びれるこのカードをぜひ使ってみてください。

ホーリーエスパーダ

f:id:gakutai:20201018185306j:plain

ホーリーエスパーダ
使用コスト2

効果
【メイン】自分のセキュリティ2枚ごとに、≪1ドロー≫(自分のデッキからカードを1枚引く)。

セキュリティ効果
【セキュリティ】このカードの【メイン】効果を発揮する。

今回初めて採用したカード。

理由は、

  • 手札事故がおおいため解決手段がほしい
  • 2コストで使えるカードがほしい

この2点です。

 

シャインをお使いの皆様ならばわかると思いますが、初手にテイマーばかりが来ることも、反対に来ないこともありますし、中途半端に進化ラインが来ないこともあり、なにかと手札事故を避けられないデッキですよね。

 

アグロプランを取ろうにもそこまで黄色に小物は多くなく、究極体素出しで乗り切ろうにも、黄色はパワー不足。
つまり、事故ったら相当厳しいデッキの1つなんです。

 

そんな場面を解決するには、場面を選ばずに打てるドローカードが必要。
ということで、ホーリーエスパーダを選びました。

セキュリティ効果もついているため腐りにくいのも高評価。

あと、どうしても2コストで使えるカードを増やしたくて採用しています。
相手に1渡しをするために使いやすい2コストですが、シャインには2コストLv3を採用する余地はあまりありません。

 

いつでもつかえる2コストはSTタケルと1枚だけ入れてるツカイモン、ホーリーフレイムだけ。
ホーリーフレイムは大事な防御札ですから、使う場面を選びたいです。

 

そんなときにいつでも使えるホーリーエスパーダは活躍してくれました。
実際に使ってみると、序盤から中盤にくれば有難かったですね。腐ることはほぼないので、入れ得だと感じました。

 

ただし、他に究極体を増やしたり、レベル3を増やしたり、ネコパンチに替えたりなどしてもよいかなと思いました!

シャイングレイモンで他デッキに勝つには

シャインデッキを回すうえで気を付けることは、

  • レベル4を盤面に並べること
  • シャインを序盤で使い切らないこと
  • テイマーを並べること

この3つだと考えてます。

 

シャイングレイモンを使う場合、4コストタケルが貼られていることがほとんどでしょう。
(というか、4コストタケルが貼れないと相当きつい)

 

レベル4を盤面に並べると、3コスト(セイレーンなら2コスト)でLv5に進化し、4コストでシャインに進化できるためいつでも切り返す準備が整います。

逆に、不用意にLv5に進化してしまうとさすがに警戒され除去札が飛んできます。

 

現実問題、Lv4を除去することは容易ですがガイアフォースやトランプソードなどをLv4に打つか?と考えると、ちょっともったいないですよね。

 

序盤はブロッカー含め、レベル4を並べることに専念しましょう!

 

また、シャインはこのデッキの切り札であり、序盤にはあまり打ちたくないです。
テイマーが貼れてない状況で出すのはそもそも意味がありません。相手のLv6,7ともう1体除去できるまでは我慢です。

 

極力、スラッシュエンジェモンやグロリアスバースト、セブンヘブンズ、エデンズジャベリンなどの除去札で耐えましょう。

 

しかし、時にはテイマー2枚から3枚しか並んでいないのに、撃たなければならない場面もあります。
その場合は、進化元が優秀なLv5またはブロッカー以外のLv4を除去しましょう。

対青オメガ

1弾からいまだにトップレベルにつよいデッキ、青オメガ。

青オメガは低コストでもガンガン進化できますし、メタガルギミックで横並びしながら連続攻撃を決めてきます。

こっちがせっかく1コストで返しても、ハンスパやレオモンで強引に動いてくるのもムカつく。

 

カードの優秀さで追いつけないので、気を付けてプレイしないと負けます。

  • 進化元をもったデジモンを場に出す
  • レベル5(特にワーガル)を除去して、オメガを立たせない
  • 同じデジモン(ユニモンに注意)を並べない
  • 隙を見てアグロをする

の、4点を特に行いましょう。

 

ご存知の通り、青オメガにはウパモンやワーガルルモンなど、進化元を持たないデジモンに対するカードが多いうえに、強力。
極力進化させて出したいところです。

青オメガと戦うときは、よっぽどのことがない限りピーターティンカーはやめておきましょう。

 

オメガに関しては、出されたら相当しんどいです。
オプション1枚で解決できませんし、15000の2回アタックも強力。
テイマーが多いのでタケルがいたとしてもセキュリティで処理するのは困難。

 

オメガを出させない立ち回りが基本ですが、そうはいかないのも事実で、1出されても良いように、早めにテイマーを並べることと、オメガがきそうになったらレベル4か5を育成エリアに温存しておきましょう。

 

万が一出されたら、シャインで除去するか、ホーリーフレイムで足止めするしかありません(涙)

対アルフォース

鬼のようにきつい!!!

 

テイマーを並べられて速攻を掛けてきますし、ジャミング持ちですからセキュリティで除去ができません。
セブンヘブンズはききませんし、エデンズジャベリンに期待するのも厳しい。

 

対策カードはホーリーフレイムだけといっても過言ではありません。

 

プレイングで注意する点は、

  • 進化元居ない状態で場に出さない
  • 絶対にセキュリティアタックしない
  • 1コスト返しの徹底

この2つ。

進化元がいない状況で仕事をされるのは、先ほどとおなじです。

 

2つ目のセキュリティアタックをしちゃいけないというのは、シャインと同じでセキュリティを殴るとテイマーが出てくる可能性があるからです。

アルフォースはテイマーの数+1でアタックできるので、極力テイマーを出させないプレイが大事。

 

また、レベル5のエアロブイドラモンと切り札のレベル6アルフォースに進化するには、3コストつかいますので、1コスト返しを徹底しておけば、殴られるまで猶予をもらえます。(ヤマトが貼られてたらきついです)

 

育成エリアでアルフォースを育ててる間に、何とかしてテイマーを3体並べ、いつでもシャインで処理できるようにしておきましょう。
相手のテイマーが充分そろった状況でアルフォースが出てきたら、セキュリティにホーリーフレイムがあることを祈ります。

 

返しでシャインで除去って、あとは打点を並べて押し切る。これしかありません。
ぶっちゃけ、相当きついですが、除去札は少ないので、打点を揃えればきっと通ります。

対赤オメガ 

鳥オメガもデュークも含みます。

 

赤オメガと青オメガとの違いは、アグモンやグラウモン、太一などによる即効性と攻撃力の高さ、ガイアフォースの存在です。
反対に、ハンマースパークがない分与えたコスト以上の動きはしてきません。

 

セキュリティ+を持っているため、少数のデジモンでセキュリティ5枚持っていかれる可能性が高く、青オメガよりも辛いです。

 

基本的な戦い方は青オメガと同様で、いかにレベル5を除去できるかにかかってきます。

加えて、

  • ヴォルケニックドラモンをケアしながら動く
  • ガイアフォースに警戒する

必要があります。

 

シャインを引けなかった場合のプランとして、アグロにスイッチするとヴォルケニックで除去されます。しかも、Lv4のレッパモンも除去られます。

 

また、どんなに数を揃えても、ガイアフォースがセキュリティから捲れる可能性がついて回ります。ガイアフォースがいつ来ても良いように立ち回るのは難しいと思いますが、育成にレベル4以上がいる状態でセキュリティアタックを仕掛けたり、ピーターティンカーで盤面を増やしつつヴォルケニックをわざと撃たせるプレイングも時には必要です。

 

セキュリティのガイアフォースや、ポンと飛んでくるデュークモンで一気に削られることもあり分が悪いのでシャインとホーリーフレイムを大事に立ち回りましょう。

対紫

 紫も発売当初からきついデッキの1つ。

苦手な点は

  • リソース切れしづらいアグロ
  • 除去札が豊富
  • ミレニアモンの存在

対紫はいかにアグロをさせないかで、ブロッカーを早めに立てておきたいのですが、キメラモンで焼かれてしまうことが多いです。

 

対戦相手のプレイの上手さがもろに出るデッキタイプでもあるので、強い人が使う紫はどうしようもない場合が多い印象。

 

プレイしながら気を付けることは、トランプソードを撃たせないように、レスト状態で相手に返すことと、進化よりも横並びを意識することかと思います。

Lv4を処理できるベルゼブモンと、Lv5を処理できるキメラモン、どのレベルでも処理できるミレニアモンがおり、進化したところで展開しつつ除去されます。

特に、キメラモンはいつでも飛んでくることを念頭に置き立ち回りましょう。

 

また、逆にLv6まで進化してしまえば、処理できるカードはトランプソードとミレニアモンだけになります。
紫の打点は低いので、前述のように、1万エンジェでレストさせた後、シャインに載って多面除去するのも効果的です。

 

いずれにせよ、紫で最も気を付けなければいけない物はキメラモンです。
除去られないLv6に進化させるか、1体除去られても良いように準備をしておきましょう。

シャインは強いぞ。3弾も活躍するぞ。

3弾発売まであと1週間を切りました。新情報が出るたびにわくわくですが、黄色を見る限り、シャインより強いカードは無いかなと思います。

 

来季もシャインで勝てることを祈りつつ、残り少ない2弾環境を楽しみましょう!

【黄シャイン】すごく可能性を感じる構築ができました【一万エンジェ】

こんにちは、がくたいです。デジカが発売してから黄色でしか大会に出たことがありません。

第三弾で黄色もジョグレス体がでてきて、期待が高まります。

 

三弾に期待を寄せつつも、あと1か月ほどは今の環境が続きますので、楽しんでいきましょ!

tkgi.hatenablog.jp

 前回の記事でも書きましたが、環境は刻一刻と変わっていき、青オメガやシャインももちろん強いですが、最近、黒や多色コンやアルフォースなども結果を出してきています。

 

なんというか、皆さんが各色のデッキに対する対策・戦い方を覚えてきた感じで、テンプレ通りの動きと構築では勝てないようになってきた印象があります。(結局安定して勝てるのはテンプレなんですけどね

 

今回の記事は、黄色シャインを組んでいる中で、もしかしたらこの構築は可能性があるのではないか……?と思い、組んでみたデッキを紹介いたします。黄色に幸あれ!!

デッキ紹介

f:id:gakutai:20200920233400p:plain

コンセプト

レベル5でアタックしてレスト状態にしておきたい!

私の周りの環境では紫が多く、トランプソードに何回も苦しめられていました。
トランプソードをケアするために、レストした状態で相手にターンを渡したいのだが、DPが低い黄色はアタックが心許ない。

 

と、いうことでDP10000のレベル5、エンジェウーモンを採用してみました。

f:id:gakutai:20200906114550p:plain

tkgi.hatenablog.jp

 先ほども貼った、レベル5に重点を置いて考察した記事にも書きましたが、意外とこのカード強い。

 

・DP10000でアタックすれば、大抵のカードには勝てる(レベル6、7と除去カード、同帯のDP10000レベル5以外)ため信頼できる

・レストしていても相手にやり返されにくいDP

・セキュリティに埋まっていても強い

 

と、三拍子そろったナイスガイ(女だけど)。
セキュリティアタックして負けることもありますが、10000で負けたのならば仕方ないと思えますし、これまで黄色ではシャインかセラフィモンにならなければアタックしずらかったため、キルターンが早まったのも良い感じ。

 

アグモンとキュピモンの効果が使える場面ではもっと強力でした。

 

また、ブンゲを採用することで、メモリー調整をしつつ相討ちを嫌いエンジェウーモンを避けてアタックしてきたレベル6を返しのターンで除去できるもの良かったです。

セキュリティでめくれれば、DP+3000しつつ、手札に加わりますしね。

f:id:gakutai:20200920234849j:plain

ヘブンズゲート

ST3-13

使用コスト1
効果
【メイン】このターンの間、自分のデジモン1体のDPを+3000する。

セキュリティ効果
このターンの間、自分のデジモンとセキュリティデジモン全てのDPを+5000する。その後、このカードを手札に加える。

ピーターティンカーをできるだけ多く使いたい!

黄色デッキで一番強いカードって何か知ってますか?ピーターモンなんですよ

f:id:gakutai:20200716220423j:plain

BT1-056 ピーターモン
登場コスト5 進化コスト2

効果
【登場時】自分の手札かトラッシュから、「ティンカーモン」1枚をコストを支払わずに登場できる。

進化元効果
無し

登場時にティンカーモンを手札かトラッシュから登場させられるため、頭数を増やすのに持ってこい。
前回までも2枚~3枚採用していたのですが、思い切って4枚採用してみました。

 

やはり強い動きの一つですから、手札にピーターモンがいたらもったいなくて進化させずに登場させたいんですよね。

でも、いつでも登場させるのが良いわけではなく、2コストで進化して、lv5を作っておくほうが先決な場面も少なくありません。

 

そんなときでも気負わずに進化もできるし、複数回ピーターモンの登場時効果も使えるとよいのかなぁと思い、4枚採用にしました。

 

究極体デッキや青デッキを相手にする場合は、ヴォルケニックドラモンとオメガモンだけでなく、メタルシードラモンも警戒しなければいけませので、すぐに進化してLv5になりましょう。

 

積極的に場に出したいLv4ですから、前述のエンジェモンとの相性も良く、結構気にいっています。

 

長々と書きましたが、ピーターティンカーは使えば使うほど強いカードだなぁと、改めて思いましたね。

どうせケアされるなら、ヒカリもプロットモンもいらなくない?

最近、ヒカリちゃんがなかなか仕事してくれないな……

そんな悩みをお持ちの方必見!!

 

いっそのこと、ヒカリを抜いてしまいましょう!!

 

環境が進むにつれて黄色に対する戦い方が皆さん上手くなってきています。
最たる例が、セキュリティ4止めと言われる、ヒカリとプロットモン、エンジェウーモンやホーリードラモンをケアした動きです。

 

効果が通れば強力なカード達ですが、セキュリティ4以上ならば、効果を持っていない上に低DP、高コストになってしまいます。

 

2弾環境では己のセキュリティを削るカードがないため、セキュリティ4止めしてくる相手にはまず発動できなません。

 

であれば、いっそのことそのようなカードを抜いて、場面を選ばずに使えるカードを増やす構築をしました。

このデッキを使った結果……

テイマーバトル初の全敗(二戦二敗、1不戦勝)
厳密にいえば不戦勝の1勝と、メタグレ争奪戦のじゃんけん大会で優勝たので勝ち越しているのですが……

反省点

メタルグレイモンさえ手に入れば、まだまだ2弾環境は終わっていませんので良いんです。
このデッキで実際に戦ってみて、微妙だった点を挙げていこうと思います。

テイマーの数が減ったため序盤から中盤のシャインが起動しない

そもそも、シャインは後半から尻上がり的に強くなるデッキタイプ。序盤にシャイン投げなんて何たることかと思うかもしれません。

 

但し、序盤で劣勢の場合は除去られる前提でシャインを立て、DP4000を3回ほど使う場面があります(Lv3・4を複数除去か、Lv5・6を除去する動きですね)。

 

ヒカリをごっそり抜いたため、単純に手札にテイマーが来る確率が減っており、しかも相手はセキュリティをあまり割ってくれませんので、テイマーを張る機会がかなり少なかったです。

 

私の4コストタケル*4、2コストタケル*3の構築だと、初手5枚に来る確率は55%。テイマーを置いて戦うデッキタイプであれば、正直7割は欲しいなぁと思いました。

もちろん、今回のデッキは
・レベル3・4・5を少しずつ増やして進化を普段より多く行う
・1コスト返しを徹底し長期戦に持ち込むプラン

という性質上、テイマー少な目でも機能できるのではと考えましたが、そう上手く行きませんでした。

 

解決策としてはBTパタモンを入れて強引に手札に加えるのが最善かなぁと感じます。

f:id:gakutai:20200716220945j:plain

セキュリティ4以上を活かす効果を入れても良いかも

セキュリティ3以下になる可能性を切ったデッキにしているので、折角ならばセキュリティ4以上で効果が使えるカードをいれても面白いかなぁと思いました。

 

具体的には、STエンジェモン、Pテイルモン。

f:id:gakutai:20200921182004j:plain

ST3-05 エンジェモン
登場コスト5 進化コスト2

効果
無し

進化元効果
 【アタック時】自分のセキュリティが4枚以上あるとき、メモリーを+1する。

f:id:gakutai:20200921182059j:plain

P-006 テイルモン
登場コスト4 進化コスト2

効果
無し

進化元効果
 【自分のターン】自分のセキュリティが3枚以上の間、このデジモンのDPを+1000する。

 どちらもDP4000でヴォルケニックに除去される点と効果の限定的感、コストに見合う強さなのか?

というのがネックな部分。

 

ヴォルケニックは以前ほど入っているデッキが少ないですし、進化させるか育成エリアに留まらせるかでケアできます。

 

エンジェモンは毎ターンハンマースパークを撃てるのと同じですので、序盤から攻撃を仕掛けるこのデッキタイプに合ってる気がしています。


テイルモンはセラフィモンや1万エンジェウーモンのDPをかさ上げすることで、よくいるDP11000ラインを相討ちにとれますし、セキュリティのローダーレオモンやメタルティラノモンなどにも打ち勝つことが可能に。

ヘブンズゲートは実際そこまで使わなかった

ブンゲは完全な除去札ではないので当たり前ですし、そもそもコスト合わせ目的で採用していたので、文句を言うのはお門違いかもしれません。

 

セキュリティに埋まっていればすごく強いのと、相手をびっくりさせられるのは良いですが、枠を割いてまで使うかと言われれば、すごく微妙。

(強いカードであることは違いありません)

 

折角使うのであれば、もう少しDPが高いレベル4が来てからのほうが活躍できるかなと思ってます。

 

しかし、デジカはオプションを空撃ちできるルールのため、強引に1コスト返しをできる点とレベル1つ飛び越えて除去れる点は評価でき、今後も使われていくカードの1枚だと思いました。

誰か使ってみて、感想を教えてください。

結局何が言いたいのかというと、

・一万エンジェモンとブンゲには可能性を感じた
・ヒカリ抜き構築もアリじゃないか?
・ピーターティンカーが黄色で一番強い動き
・誰か使ってみて改善案を教えてください(涙)

の4点でした。

 

結果を出せていないので説得力がないですが特に一万エンジェは相手にしていてきついところもあります。

 

少しでも興味を持っていただければ使ってみてほしいと願うばかりです。

Twitterもしてますので、フォローしてくれると嬉しいです)

【完全体】シャイングレイモンデッキのレベル5は何を使えばいいんだ!!決定戦!!!!

2弾環境を使い始めて、1か月と半分ほどたちました。皆さんいかがお過ごしですか?
黄色を使っているがくたいと申します。

2弾発売から、デジカの環境自体にそこまで変化はなく、オメガ系統・黄色シャイン・紫ピエエルゼ・究極体デッキ・緑ピノッキと、様々なデッキが群雄割拠しております。

 

よく使われるデッキは変わりませんが、中身のカード自体がプレイ環境によって変化してきており、デジカの奥深さが極まっているなぁと思いますね!

 

今回は、黄色シャインデッキを組んでいると一度は疑問に思うであろうLv5デジモン(完全体)はどれを入れればいいのかをじっくり考えていきましょう!

 

現在の黄色Lv5は、

・STホーリーエンジェモン
・STエンジェウーモン
・セイレーンモン
・チィンリンモン
・ピッコロモン
・BT1ホーリーエンジェモン
・ミスティモン
・BT2エンジェウーモン
・ライズグレイモン

の、9種!

 

全て強力!!!とは言いませんが、良い効果を持っているカードがいくつかあり迷いどころです。
上から順にみていきましょう!

 

前回の記事はこちら↓

tkgi.hatenablog.jp

 

 デッキは変わらないが、中身のカードが変わるって……?

本題に入る前に、今回の記事のテーマの解説をちょろっとしておきます。

 

カードゲームは、新しいカードが発売されればカードプール(使えるカードの種類)が増えますので、大会で使われるカードやデッキが変化します。
これは当たり前ですが、今のデジカのように、カードが追加されなくてもデッキが変化してくることがあります。

 

大会で多く見かけるカードの対策札を入れたり、その対策札を入れたり……
環境当初は自分がしたいことを押し付けるデッキ構築がほとんどですが、皆が慣れてきたら、相手のことを考えたデッキやプレイングになってきます。

 

例えば、

・ヴォルケニックドラモン対策にDP5000以上のLv4を採用する
・黄色相手にはヒカリを発動させないためにセキュリティ4止めをする
・シャイングレイモン対策でローダーレオモンを採用する

などです。

 

この状況をメタゲームと呼び、今回の記事は現段階でよく使われているカードに対して、今はどのLv5が強いのか!
ということに絞った記事になっております。

想定環境

環境に合わせたカードを選ぶということで、想定している環境をお伝えします。
今回参考にしたサイトは、こちらです。

8月24日-8月30日のテイマー交流会・テイマーバトル結果まとめ – デジモンカード情報まとめ

デジモンカード情報まとめというサイトで、毎週デジカ大会の優勝デッキがまとめられていますのですごく参考になります。

 

高DPビート軸

メタルガルオメガ

黄色

シャイングレイモン

ピノッキアルゴ

ピエベルゼ

多色

究極体コントロール

優勝したデッキを参考に環境を想定しますが、地域によって差が出るかと思います。
今回はあくまでも、「このカードが一番強い!」じゃなくて、「○○な環境にはこのカードが良いよ~」という感じですから、どなたにでも参考になるかと思います!!!!

 ライズグレイモン・セイレーンモン以外は環境次第?!

STホーリーエンジェモン

f:id:gakutai:20200905235131p:plain

ST3-08 ホーリーエンジェモン

登場コスト7 進化コスト3
効果
無し

進化元効果

【アタック時】このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-1000する。

登場順に紹介していきましょう!

 

スターターデッキから黄色を支えてくれた立役者。当時はセラフィモンと合わせて-5000できて便利でした。

シャインデッキは戦闘をしない除去が得意ですから、アタック時効果という時点でちょっと使いにくさが目立ちます。

 

使うとすれば、4コストタケルが貼ってあり、下にSTパタモンがいるときなどの、シャインに進化したターンにアタックできる時。
DP1000や5000など、4000n+1000のデジモンに対して有効です。

現在よく使われる4000n+1000はほとんどいませんので、優先順位は低いです。

STエンジェウーモン

f:id:gakutai:20200809203224p:plain

ST3-09 エンジェウーモン

登場コスト6 進化コスト3
効果
【進化時】自分のセキュリティが3枚以下のとき、≪リカバリー+1《デッキ》≫(自分のデッキの上からカードを1枚セキュリティの上に置く)。

進化元効果
無し

こちらもスターターデッキ時代から黄色を支えてくれたカード。

後述しますが、BT1ホーリーエンジェモンもリカバリーできます。
しかし、こちらは進化時効果(コスト3でリカバリーできる点)と、登場コストが1軽い点で優秀。

 

デメリットがないので使いやすいので優先的に入れたいカードの1つではあったのですが、最近、対黄色シャインデッキにみんなが慣れて来たみたいで、発動する機会がすごくすくないです。

 

というのも、【セキュリティが3以下】で効果を発動するカードが多くその対策でセキュリティは4で止められることも多いです。

 

6コストで登場できるため最悪素出しでき、機会があれば3コストでリカバリーできるので使いやすいカードの1つで優先順位は高いです。

 

あなたの周りがセキュリティ4止めしてこないのならば、採用しましょう!

セイレーンモン

f:id:gakutai:20200517095527j:plain

BT1-057 セイレーンモン
登場コスト5 進化コスト2

効果
無し

進化元効果
無し

 毎回言っていますが、このカードは強いですよ!

tkgi.hatenablog.jp

 効果はないし、DPも低いため敬遠している人が多いかもしれませんが、もったいない!

進化コストが2ですから、1コストで返しやすいのが一つ。
コスト1で回ってきても1で返せますし、タケルで4になっても、登場コスト2のデジモンやテイマーと合わせて1で返せます。

 

登場コストが5だからコストを相手に渡しにくいのが2つ目。

 

一枚で戦況が覆るカードじゃないので4枚は多いかと思い、2枚採用ではありますが、
シャイングレイモンデッキのLv5で優先順位は高い。
というか、必須

チィリンモン

f:id:gakutai:20200906085745p:plain

BT1-058 チィリンモン
登場コスト6 進化コスト3

効果
【アタック時】メモリーを+3する。このターン終了時、メモリーを-3する。

進化元効果
無し

 アタック時にメモリーを+3、ターン終了時に-3するカードで、所謂「借金デッキ」と呼ばれるデッキタイプに多く入っています。

www.youtube.com

借金デッキの強さは、高コストで強い究極体を出し相手に圧力を掛けられる点。
そのため、登場時効果が強いカードや、序盤に置くと圧力がかけられるカードを多く採用する必要があります。

 

シャイングレイモンデッキに関してはシャイングレイモン以外の究極体を入れるスペースはほとんどないのと、メモリー+3しても、やることが少ない点から、わざわざ入れなくても良いと考えています。

 

シャインは長時間かけて戦うデッキタイプですから、相手に多くコストを渡してしまうと、一気に負けにつながります。

 

また、DP7000でアタックして生き残る可能性も現環境では低いです。

赤の高DPビートダウンデッキでは、オメガモンホウオウモンヴォルケニックドラモンラヴォガリータドラモンスカルグレイモンメタルティラノモンガイアフォースがめくれると消滅。

 確率は、どれか1枚がセキュリティに入る確率は93%、2枚入入っている場合は67%。

 

青のメタガルオメガでは、オメガモンプレオモンメタルガルルモンワーガルルモンローダーレオモンがめくれると消滅。

確率は、どれか1枚だと88%、2枚入る場合は52%。

 

紫のピエベルゼは、ミレニアモンベルゼブモンピエモンキメラモンヴァンデモンがめくれると消滅。

確率は、どれか1枚だと87%、2枚入る場合は52%。

 

確率の感じ方は人それぞれですが、シャイングレイモンに進化する下敷きになるのが主な仕事のLv5が、50%以上の確率で消滅する行為をわざわざするのは負けにつながるのではないかと考えます。

 

セキュリティアタックで信用できない点と、メモリー+3してまでやりたいことがない点で、優先順位は低いです。

ピッコロモン

f:id:gakutai:20200906093655j:plain

BT1-059 ピッコロモン
登場コスト6 進化コスト3

効果
無し

進化元効果
無し

 セイレーンモンと同様効果はありませんが、DPが高いカードです。
ギリギリ素出しできるコスト6

 

DP9000の信頼性は先ほどの7000よりは高く、特に対紫でトランプソードをケアしたいときに有効。

対紫でどこか1枚に9000以上が入ってる割合は69%ですが、2枚以上ある割合は26%です。

 

(ちなみに、青と赤とする場合、7000ラインとそこまで差がありません。)

 

周りに紫が多い環境であれば採用圏内のカードでしょう。

BTホーリーエンジェモン

f:id:gakutai:20200715202939j:plain

BT1-060 ホーリーエンジェモン
登場コスト7 進化コスト3

効果
【登場時】≪リカバリー+1《デッキ》≫(自分のデッキの上からカードを1枚セキュリティの上に置く)

進化元効果
【自分のターン】自分のセキュリティ3枚ごとに、このデジモンのDPを+1000する。

 BT1弾環境で大活躍。黄色カードで最も使いやすいホーリーエンジェモンです。
進化先のセラフィモンとセットで、黄色単じゃなくても採用の余地があるほど使いやすく強力な効果を持っています。

 

STエンジェウーモンとの違いは、
リカバリー+に制限がない。(セキュリティ4枚以上でも発動できる)
・登場時効果のため、Lv4が居なくても使える。
・7コスト必要であるため重さが気になる。

デジカは相手に渡すコストは少なければ少ないほどよいので、単純なコスト面でいえばSTエンジェウーモンのほうが使いやすいです。

 

しかし、これほど使われている理由は、もちろんいつでも使える手軽さ

 

シャインを使っていて最近特に感じるのは、露骨にセキュリティ4止めされる対戦が多いこと。
エンジェウーモンはコスト3でリカバリー1できる良いカードですが、セキュリティが4枚以上あるとただの低DP完全体。

4止めされちゃう相手には本当にきつい。

 

エンジェウーモンかホーリーエンジェモンのどちらかは採用するパターンが多いとおもいますので、どちらか採用するかはプレイ環境次第。

 

ホーリーエンジェモン採用

・アグロが多く、いつでもリカバリーできる状況にしないときつい
・セキュリティ4で止められることが多い

 

エンジェウーモン採用
・セキュリティ4止めされる可能性が低い
・赤やオメガ系など、順当に進化していきセキュリティ+で攻めてくるデッキが多い

 

というのが、一つの採用基準かと思います。

ミスティモン

f:id:gakutai:20200715202917j:plain

BT-061 ミスティモン
登場コスト7 進化コスト3

効果
【登場時】このターンの間、相手のデジモン2体のDPを-3000する。

進化元効果
無し

 こちらも、BT1環境で活躍し、他の色にも採用されていました。
2体に対してDP-3000を撃てますので、アグロにはもちろん、シャインを絡めれば、4000n+3000まで処理できます。

 

この数字はなかなかいやらしく、盤面に残っていることが多いオメガ(DP15000)や、メタルガルルなどのDP11000、スカルグレイやキメラモンの7000ラインを対処するのに、テイマーが一体少なくて済みます。

 

パタモンが場にいたり、ヒカリ効果などでシャインに進化したりしたターン、まだ動ける場合、
・シャインに進化で4000n+3000に、DP3000残るようにDPダウンを撃ち、

・ミスティモン登場で-3000で処理する

といった使い方も可能。

 

紫や赤高DPなど、3000以下を並べやすいデッキの対策にも使えるため、コストは高いが小回りが利くカード。
2弾環境序盤では、ヴォルケニックやネコパンチが出たことにより、アグロはほとんど見なくなりました。

 

しかし、現状は実際にアグロ対策のカードはヴォルケニック以外ほとんど採用されていません。
また、紫や赤ピヨモンの消滅してもアドバンテージを得るカードも増えているため、構築の中でアグロ展開も行えるデッキが多くなっています。

 

・紫や赤、その他のアグロが周りに多い

 

という環境であれば、採用しましょう。

BTエンジェウーモン

f:id:gakutai:20200906114550p:plain

BT2-037 エンジェウーモン
登場コスト7 進化コスト3

効果
無し

進化元効果
無し

 DP10000の効果なしモンスター。ピッコロモンより強いです。
DP10000ラインでアタックして、消滅するのは

赤高DPビートオメガモン・ホウオウモン・ヴォルケニックドラモン・メタルティラノモン・ガイアフォース

確率は、セキュリティに1枚入ってる場合82%、2枚は43%

 

青オメガオメガモン・メタルガルルモン・ローダーレオモン・プレシオモン

確率は、セキュリティに1枚入ってる場合85%、2枚は48%

 

紫ピエベルゼミレニアモン・ベルゼブモン・ピエモン

確率は、セキュリティに1枚入ってる場合69%、2枚は26%

 

赤や青はお互いを意識して、高DPのメタルティラノモンとローダーレオモンが入っているため、紫以外と対戦する場合はちょっと心許ないです。

 

しかし、紫に対してであれば信用できる確率であり、アクティブ状態であればトランプソードで処理されてしまうことを考えると、周りに紫が多いのであれば採用圏内であると言えます。

 

また、2コストタケルが場にいればDP12000となり、究極体までであればほぼ打ち勝つことが可能になる数字。

 

使いたい人とそうでない人がはっきり分かれますが、

・完全体からセキュリティアタックをしたい人
・周りに紫が多い人

には、おすすめです。

 

反対に周りに赤や青が多いのであれば、登場時や進化時効果を持っていたり、コストが軽かったりする完全体を採用したほうが良いです。

ライズグレイモン

f:id:gakutai:20200802081100j:plain

BT2-038 ライズグレイモン
登場コスト8 進化コスト3

効果
【進化時】自分の手札から、黄のテイマーカード1枚をコストを支払わずに登場できる。この効果で登場したテイマーの【登場時】効果は発揮しない。

進化元効果
【進化時】自分の手札から、黄のテイマーカード1枚をコストを支払わずに登場できる。この効果で登場したテイマーの【登場時】効果は発揮しない。

 説明不要で、シャイングレイモンデッキには必要な完全体です。

環境は関係ありません。

基本はライズグレイモン・セイレーンモン・STエンジェウーモン

長々と話してきましたが、ライズグレイモン・セイレーンモンはよっぽどのことがない限り入るカードです。

 

それ以外は環境とプレイング次第で、

  1. 周りにアグロ系が多い場合→ミスティモンorBTホーリーエンジェモン
  2. 紫が多い環境→BTエンジェモン+ミスティモン
  3. 完全体からガンガン攻撃していきたい→BTエンジェウーモン
  4. セキュリティ4止めしてくる人がいない→STエンジェモン
  5. 究極体デッキが多く高コストあげても気にならない→BTホーリーエンジェモン+BTエンジェウーモン
  6. 無難に行きたい!!→BTホーリーエンジェとSTエンジェウーモン

との結論になりました!!

 

参考になれば幸いです。また、いろいろ試行錯誤の段階ですので、アドバイスやご指摘があれば、ツイッターでもコメントでも良いので、頂ければと思います。

黄単シャイングレイモンのすゝめ。勝率87.5%のデッキになりました。

暑いですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
いつも黄色で戦ってます、がくたいと申します。よろしくお願いします。

 

前回の記事で勝率が良かった黒タッチ黄色シャイングレイモンを紹介いたしました。 

tkgi.hatenablog.jp

 テイマー交流会やフリーで回していたところ、勝率80%で自信満々でした。

 

しかし、次の日のDD交流会に参加したところ……

まさかの負け越し。あまりの悔しさに、シャイングレイモンを破り捨てる寸前だったのですが、もう一度デッキを練り直しました。

 

今回はそんな新シャイングレイモンデッキを紹介いたします。

使用デッキ

f:id:gakutai:20200809121712p:plain

黄単シャイングレイモンデッキ

 デジタマ

キュピモン*4
トコモン*1

 

デジモン(黄)

BT1パタモン*4
BT2プロットモン*2
STパタモン*3
STプロットモン*2

 

レッパモン*4
ユニモン*4
BT1エンジェモン*1
BT2ジオグレイモン*2

 

セイレーンモン*2
BT1ホーリーエンジェモン*2
ライズグレイモン*4
STエンジェウーモン*1

 

BT1セラフィモン*2
シャイングレイモン*4

 テイマー

STタケル*4
BT1タケル*4
ヒカリ*2

 

オプション

ホーリーフレイム*1
グロリアスバースト*2

 前回からの変更点

先ほども張りましたが、前回の記事からご覧いただければと思います。

tkgi.hatenablog.jp

 

OUT

ウォーグレイモン*3
ブラックウォーグレイモン*2
ミレニアモン*2

BT1ホーリーエンジェモン*1

STホーリードラモン*1

 

IN

STプロットモン*2

BT1エンジェモン*1
BT2ジオグレイモン*2

STエンジェウーモン*1

ホーリーフレイム*1
グロリアスバースト*2

個別紹介

大きな変更点は

・黒要素を抜き、黄単に変更
・オプションを追加

 

シャイングレイモンデッキは特にテイマーとシャグを揃えなければいけないため、万全な体制がそろうまで時間がかかります。
また、LV6まで進化させて攻撃しないとDPが不安なため、攻撃の手数が少なくなるのもありました。

DPが高い相手にも弱く、特にオメガモンを処理できる札(ガイアフォースやトランプソード)などがないのも弱点の一つ。

 

そういったところを解決できるのが黒ウォーグレーモン、ブラックウォーグレイモン、ミレニアモンの黒タッチだと考えてましたが、手札事故とトレードオフであったのも事実。

 

思い切って黒を抜きました。

 

そして、余った枠にオプションと安定感のためのLv3,4を追加しました。

STプロットモン

f:id:gakutai:20200809124828j:plain

登場コスト2、DP3000のバニラデジモン

コストの低さが正義と思っている節が、最近の私にはあります。
後半、数で押し切る場合にも2コストで登場しやすく、中盤以降で育成エリアを温存する場合でも使いやすくてお気に入り。

 

但し、Lv3は育成エリアから進化させるのがメインですから、他のレベル帯ほど登場コストの低さはメリットにならないなという印象でした。

 

使っていて悪いところが一切なく、反対にあって助かった場面も認識しずらいため今後抜く可能性もあります。

 

Lv3は意外と激戦区で、今入れているカード以外では

・登場コスト3 DP4000のバクモン・レオルモン
・アタック時条件付きでドローできるクダモン
・相手がDP0になって消滅したらドローできるラブラモン

の4種で迷っています。

 

デジタマのキュピモンに乗せて特攻しセキュリティを削る運用を一番に考えると、少しでも生き残る可能性が上がるバクモン・レオルモンか、死ぬことは覚悟でドローするクダモン。

安定して回すことを考えればラブラモン

 

プロットモンを含め、どれも短所はほとんどないためいろいろ試してみたいですね。

BT1エンジェモン

f:id:gakutai:20200718105615j:plain

登場時効果で、相手デジモンのDPをマイナス3000できるカード。
想定敵は

・BT2ピヨモン
・BT2ゴツモン
・その他アグロ
ディアボロモントーク

 

シャイングレイモンデッキの弱点はアグロ。特に紫がきつい!
そこで対策札として
・BT1エンジェモン
・ミスティモン
・ネコパンチ
・ヴォルケニックドラモン

が考えられました。

 

ネコパンチは処理できる枚数が多く、DP-4000で、コストも低いですが、Lv3しか対象にとれず、ディアボロモントークンを対処できないため不選出。

ヴォルケニックドラモンはLvを問わず4000以下をすべて処理でき、セキュリティアタック+1があるため詰の札に強そうで悩みましたが、コストが重いため今回は不採用。

 

残るミスティモンエンジェモンで迷い、今回はデッキ全体でLv4が少ないことと、3000以下が2枚以上並ぶ場面は少ないため、エンジェモンにしました。

 

登場コスト5を支払ってでも一匹デジモンを除去しつつ、盤面を増やせるのは強かったです。
交流戦ではBT2ピヨモンを除去してくれました。

 

あまり登場時効果にこだわらず、進化素材として使う場合も多かったです。

ジオグレイモン

f:id:gakutai:20200809202254j:plain

進化元効果が中途半端で登場時効果もないため、微妙だなぁと思っていましたが、使えば意外と使いやすい!

 

登場コスト4、進化コスト2という軽さが一番ためになりました。
他にもジャミング持ちのシーサモンも考えましたが、Lv4でセキュリティを殴りに行くメリットは薄く、完全に下敷きとして使いたかったのでこっちを採用。

 

進化元効果は見込み通り微妙。上手く使ったことはありませんが、無いよりあったほうがよいかと思います。

Pテイルモンも登場コスト4、進化コスト2で同条件で進化元効果はDP+1000ですから、どちらが強いかを検討していきたいですね。

 

テクい使い方として、
ジオグレイモンが進化元にいるシャイングレイモンで、6000ブロッカーにDP-4000をふっておけば、アタック時-2000でブロックされずに消滅させられます。

ちょっと覚えておけば便利そうです。

STエンジェウーモン

f:id:gakutai:20200809203224p:plain

みんな大好きエンジェウーモン。スターター環境から黄色を支えてくれたカードです。
進化コスト3でリカバリータイミングも限定的ですから、これまではBT1ホーリーエンジェモンやセイレーンモンを優先していました。

 

ですが、進化コスト3でリカバリーできるのはやはり強いということで1枚採用。
結果としてあってよかった場面は多かったです。

 

他のカードと同様にこのデッキのメインはシャイングレイモンですから、リカバリーが使えなくても進化させていました。

 

登場コスト6で腐る場面も少ないですが、使える場面は限定的ですから1枚だけ採用しています。今後増やすかどうかは迷う枠です。

ホーリーフレイム

f:id:gakutai:20200809204104p:plain

こちらもスターター環境からちょくちょく使われていたカード。
除去できるカードじゃないので、弱い評価をされていましたが、いやいや意外と強いぞ?

 

手札から使えばセキュリティアタック-3。確実に一匹、動きを止められます。(デジモンに触れることはできますけどね)

 

セキュリティから出ればすべてのデジモンにセキュリティ-1を付与。

 

アルフォースやPディアボロモンがちょっといる環境で、これらは状況が整えばワンショットキルされる可能性もあります。

そこで1ターン時間稼ぎができるカードは優秀だと思い採用しています。

 

やはり除去できるカードじゃないので1枚だけ採用していますが、理想でいうとセキュリティに1枚、手札に1枚欲しいので2枚あっても良いかもしれません。

グロリアスバースト

f:id:gakutai:20200809204815j:plain

テイマーが多ければ多いほどコストが小さくなるカード。

 

DP-12000は強力で、ほとんどのカードを除去できます。
マジで強かった。
オメガ以外のカードはほとんど処理でき(しかもパタモンやテイマーがいれば少ないコストで)、相手のプランを崩せます。

 

セキュリティ効果がないから使いにくいと思う方も多いでしょうが、こいつのために4コストタケルがいると言っても、過言じゃない。セキュリティに居たら引っこ抜いてやりましょう。

 

具体的に打ちたい相手は、

・プレシオモンなどのバニラ12000
・進化元をたっぷり持ったLv6
・素出しで出て来たダークマスターズ(ムゲンドラモンなど)
・ブロッカー

除去の優先順位は、進化元を持ったLv6>バニラ12000>ダークマスターズ=ブロッカー

進化元を持ったLv6は、アルフォースやウォーグレーモンのように、アタックのたびに多大な被害を与えてくるでしょう。
バニラ12000もオメガモンやミレニアモンになる心配もありますからね。

優先して除去していきたいです。

 

反対にブロッカーにはそこまで除去を撃たなくてよいです。どのみちシャイングレイモンで消滅させられますし、ブロッカーがいるなら一匹多くデジモンを出せば、セキュリティは割れるので。

 

とにかく強いグロリアスバースト、おすすめです!

シャイングレイモンデッキがまとまってきました。単色最強!

2弾が発売されて3週間が経ちますが、ようやくシャイングレイモンデッキが様になってきました。

 

黒を抜いてみてやはり単色の安定感はすさまじいと驚くばかり。

大会で結果を出してるデッキも単色が多いため、今は単色環境のようですね!

 

みんなでシャグデッキを煮詰めていきましょう!!

黒タッチ黄色デッキを紹介。シャイングレイモンとミレニアモンを入れた構築をすべて解説!

2弾環境が始まり、2週間が経とうとしています。皆様いかがお過ごしでしょうか。

こんにちは、がくたいです。いつも黄色で戦っています。

f:id:gakutai:20200715200752p:plain

2弾、アルティメットパワーで収録された強力なカードによって、2カ月かけて作り上げられたオメガ・アグロ環境は蹂躙され、様々なデッキタイプが顔を出し始めました。

中でも、黄色をこよなく愛する者からすれば、なんともうれしい限り。シャイングレイモンデッキも台頭し始め、大会でも上位に食い込んでいます。

 

私もシャイングレイモンを軸としたデッキを作りバトルしており、これまで自分が作ってきた中で最も勝率が良いデッキが出来上がりました。

 

今回は普段使っている、一風変わった黒タッチ黄色デッキを紹介していきます。

使用デッキ

f:id:gakutai:20200801224552p:plain

デッキレシピ

デジタマ

キュピモン*4
トコモン*1

 

デジモン(黄)

BT1パタモン*4
BT2プロットモン*2
STパタモン*3

 

レッパモン*4
ユニモン*4

 

セイレーンモン*2
BT1ホーリーエンジェモン*3
ライズグレイモン*4

 

BT1セラフィモン*2
シャイングレイモン*4
STホーリードラモン*1

 

デジモン(黒)

ウォーグレイモン*3
ブラックウォーグレイモン*2
ミレニアモン*2

 

テイマー

STタケル*4
BT1タケル*4
ヒカリ*2

デッキ紹介

キュピモン、トコモン

f:id:gakutai:20200718102622j:plain

f:id:gakutai:20200509120057p:plain

黄色デッキにはコレだ!!となるほど強いデジタマは居ないので、自由で良いです。
パタモンが好きだからトコモンが多くても、かわいいからキャロモンが居ても問題ないでしょう。

 

私はせっかくならば少しでもドローをしたいのでキュピモンを4枚。DPマイナスする効果がおおいのでトコモンを1枚入れています。
キュピモンの効果は1試合に多くて2回使います。

BT1パタモン、BT2プロットモン、STパタモン

f:id:gakutai:20200716220945j:plain

f:id:gakutai:20200802001655j:plain

f:id:gakutai:20200509122719p:plain

デッキの核となるLv3。ここのラインのカードの採用でその人のデッキの色が出ます。

BT1パタモン

登場時にテイマーを手札に加える可能性があるデジモンで、めくれたら全て手札に加えることができます。

 

Lv3には①進化元効果をうまく使うカードと、②低コストで登場させセキュリティを削るカード(2コストDP3000など)、③登場時効果を使うカードがいます。

 

このカードは専ら③で数少ない初動。
初手にあれば積極的に登場させテイマーガチャを発動しましょう。

 

手札や場にすでにテイマーが多い場合は無理に使わずデジタマから進化させても良き。
もちろん初動の札なので4枚採用しました。

BT2プロットモン

新弾のカードで登場コスト4とちょっと重め。
セキュリティ3枚以下で消滅したときにしか効果が発動しないため微妙では……?

と思い、これまで採用していませんでしたが、実際に使うと使いやすかったです。

 

もちろん4コストで登場させることもありますが、デジタマから進化させて使うことが多く、試合中盤~終盤のセキュリティ3枚以下のときにセキュリティにアタックさせます。

 

DP2000と貧弱なので基本は消滅します。万一残れば……ちょっと焦ります。

実際の使用感としては何の下準備も必要無く低コスト(進化させれば0コスト)でリカバリーできますのでなかなか使いやすい!

 

非常食感覚でデッキに入れて置くとよい仕事をしてくれました。
中盤以降しか仕事しないので2枚採用。初手にひいて序盤で出していてもプレッシャーになりますが、仕事自体は中盤以降ですね。

STパタモン

Lv3の中で一番使いやすいカード。
ターン1の制限がありますが、コストを1軽減でき、実質シャイングレイモンを進化コスト3で出せ、進化したターンに攻撃しやすくなります。

 

登場コストは3とBT1タケルを張っていれば負担になりません。
ユニモンの進化元にするのが主な役割。

 

他2つと違い少し地味な役割ですが便利は便利。入れてて損はしません。

 

全部でLv3は9枚。序盤デジタマから進化できないこともおおいですが、引けなくても動かせるように組んでいるため問題ありません。

育成からの進化ドローのためにパワーが低いLv3を多く入れるのは勝ちから遠ざかる気がします。

 

4枚採用でも良いですが、枠の都合上3枚。STプロットモン、ツカイモン、ラブラモンと選択ですかね。

レッパモン、ユニモン

f:id:gakutai:20200802073919j:plain

f:id:gakutai:20200802073936j:plain

レッパモン

このデッキで一番核となるカードで、素出し3コストのLv4。
タケルがいれば3コストで登場させたターン中にLv5に進化できます。

 

後述しますが、Lv5のライズグレイモンセイレーンモンに如何に早く進化させて次につなげるのかが重要になりますので、手札1枚コスト3だけで、Lv5を出す準備ができるのはありがたかったです。

 

進化コストは2と一般的ですので、極力素出ししましょう。
このデッキのMVPはレッパモンでした。もちろん4枚採用。

ユニモン

とりあえず入れておけ感覚で入れたブロッカー。
これまでデッキを作ってきて、ユニモンを4枚以外にしたことがありません。

 

スターター環境から存在しており、もう皆さんもご存知だと思いますが、ブロッカーは重要ですよ。
登場コスト5で出すこともあれば、STパタモンの上に重ねることもあります。

 

青が流行ると使いにくい立ち回りではありますが、STパタモンや(入れていませんが)ラブラモンから進化させると、存在しているだけでアドを取ってくれて優秀。

 

また、2コストで攻撃もできるので場合によってはセキュリティアタックするのも有り。
アタックするとメモリー1返ししやすいので、返しのターンで6000超えられそうになかったり、セキュリティが弱そうなデッキだったりすればガンガン殴りましょう。

 

勇気がいりますが、ユニモンでアタックをした試合のほうが勝てる印象です。(セキュリティでLv5やLv6、オメガモンが出て死んじゃう時もありますけど)

セイレーンモン、BT1ホーリーエンジェモン、ライズグレイモン

f:id:gakutai:20200517095527j:plain

f:id:gakutai:20200715202939j:plain

f:id:gakutai:20200802081100j:plain

セイレーンモン

このカードは地味に強い!!

tkgi.hatenablog.jp

 5月から言っていますが、シャイングレイモンが来たことで強さに拍車がかかっています。
登場コスト5、進化コスト2という破格の軽さ。

 

もちろんレッパモンなどから進化させて次につなげることを考えていますが、意外と素出しすることも多かったです。

 

レッパモン(3)→セイレーンモン(2)で5コスト登場でも5コストですので、ドローをしたければレッパモンから進化させましょう。

 

反対に、手札にほかのLv5が居たり、大事に手札を使っていきたい場合は素出しが良いです。

 

相手が多くメモリーを渡したり、終盤によくあるBT1タケル+ヒカリ2枚張りなどで5メモリ以上あれば、セイレーンモンからシャイングレイモンまで進化し、最低12000まで除去できます。

 

2枚しか入れていませんでしたが、もっと入れても良いのかなぁ。ただ、枠がなぁ……という枠。

BT1ホーリーエンジェモン

毎度おなじみ、ホーリーエンジェモン。略称はホリエモン、ホリエン、ホリエンジェ、ホージェ、リーエン、etc.......

ハイドロポンプのように様々な略し方があります。

 

ホーリーエンジェモンは登場時効果を使いたいので7コストで登場させることがほとんどでした。
タケルがいれば相手に4メモリで返します。

 

おまけのようについている進化元効果

【自分のターン】自分のセキュリティが3枚ごとに、このデジモンのDPを+1000する。

が、意外に強く、BT1セラフィモンが11000、STホーリードラモンが13000になります。シャイングレイモンももちろん上がります。

 

7コストで壁が1枚増やせますし、次のターンで即レベルLv6になれますので弱いわけがない。
強力なため4枚入れたい(というか入れていた)のですが、枠の都合上3枚にしてみました。

 

結果としては3枚で十分かなという印象を受けました。DPが低いのと進化コストが3であること、そして進化時効果がないため、ライズグレイモンのほうを優先的に使うためです。

ライズグレイモン

超強いです!

 進化時効果を持ってるだけで偉いのに、効果がこれまた強い。

 

テイマーをコスト踏み倒して登場させられるのでありがたい。
効果は任意ですから、手札にテイマーがなくても気にせず進化してよいです。
たまに、進化時のボーナスドローでテイマーを引くこともあります。

 

出すテイマーはSTタケル→ヒカリ→BTタケルの優先度でした。
BTタケルが貼ってある前提っていうのもありますが、BTタケルはやはり登場時効果を使いたいので。

 

STタケルはいつ引けても強いしヒカリは余裕があるうちに張っておくと後から楽です。

 

DPが7000と心元ないのと、出すのに手間がかかっているため、ライズグレイモンでセキュリティにアタックすることは稀でした。よく考えれば殴ってよい場面もあったでしょうから反省ですね。

 

進化元効果も優秀でセキュリティ+1を持っています。
テイマー3体以上は想像以上に緩い条件ですから効果を使う機会は多く、後述のBT1セラフィモンと合わせて3枚チェックできます。

 

このデッキのキーカードですから4枚入れましょう。

BT1セラフィモン、シャイングレイモン、STホーリーエンジェモン

f:id:gakutai:20200716192100j:plain

f:id:gakutai:20200802084105j:plain

f:id:gakutai:20200802084211j:plain

BT1セラフィモン

こちらもおなじみ、セラフィモン。
このカードのリカバリー+1は助かります。

 

セキュリティ+1もついており、先ほどのライズグレイモンと合わせて3枚チェックできるのが強み。
ですがDPが低いのがやはりネックで、ホーリーエンジェモンが下に居ても11000。

 

進化コストが3で非常に使いやすいのですが、セキュリティに負けることも多々あります。
思い切って抜いても良さそうだと思いました。

 

とはいっても、軽い進化コストでリカバリーとお手軽セキュリティチェック+1は強力で、序盤に出せるとガンガンセキュリティ削れますし、なんならブロックしてくれることもありますので、助かる場面は多いです。

 

このデッキはオプションがなく、セキュリティはデジモンのDP便りなことが多いので、めくれて強い+セキュリティも増やしてくれる+2チェックと十分仕事をしてくれるため入れています。

 

2枚採用。減らす可能性もあります。

シャイングレイモン

強い!!

デッキを組もうと思ったきっかけの一つで、テイマーの数×DPマイナス4000という化け物。

 

4000を振り分けて使えますので、一気に使って大型を除去してもよいですし、小分けにして頭数を減らしても良いです。

 

STパタモンがいれば、実質3コストで進化したことになりますし、ラブラモンがいれば、除去した相手の数だけドローできます。

 

また打点も高く、基本的に15000ほどにはなっています。
そもそも、相手が黄色でなければ13000以上のセキュリティはオメガモンとミレニアモンしかいませんのでちょっとオーバースペック気味。
ライズグレイモンと合わせて2枚チェックの動きも強い

 

但し、相手ターンは11000に戻っているので過信は禁物です。

 

ターンを進める毎に強くなるカードですが、いつ引いても強いわけではありません。Lv5とテイマーがいるのが前提条件ですから、採用枚数は正直難しいところ。

 

4枚入れていましたが手札に溜まります。ただし、進化するだけで仕事をするし、4枚無いと序盤引けないかもしれないし……というところで、いろいろ迷っています。

 

3枚にしても良いかもしれませんね。

STホーリードラモン

由緒正しき進化コスト2、DP12000のLv6。

 

これまで入れることは少なかったですが、他の色の優勝デッキのほとんどにこの系統のカードが入っているためおためしで入れてみました。

 

結果的に大正解。12000は激強でしたね。
先ほども言った通り、基本的にセキュリティは12000が最高ラインですから安心して殴れます。
強力な効果持ちで、デッキのメインになるデジモンはDP11000が多いので、相手へのけん制になりまし、反対に迎撃することも可能。

 

セキュリティでめくれてもそこまで悲しくないのも良いところ。

 

但し、採用枚数をこれ以上増やす気はないです。除去札が多くなった2弾環境では、進化時効果で少しでも仕事をしてほしいからです。

 

1枚採用。

ウィーグレイモン(黒)、ブラックウォーグレイモン、ミレニアモン

f:id:gakutai:20200802091114j:plain

f:id:gakutai:20200802091100j:plain

f:id:gakutai:20200802091126j:plain

黄色に黒を入れたきっかけは、ただただBOXを開けたら黒のSRが多く当たったから
興味本位で考えていると黒の効果が強力で、動かしていて楽しかったので煮詰めていきました。

ウォーグレイモン(黒)

11000の再起動持ちブロッカーが弱いわけがない。
使い方は明朗で、12コスト支払って出して、セキュリティにアタック→相手ターンで再起動→相手の攻撃を抑制。

 

それだけですが、12コストはさすがに隙が大きいです。
相手に9メモリで返りますからね(4コストテイマーがいる前提)

 

使って辛かったのは、4コストのテイマーが貼れてなければ、登場すら難しいところ
そして、ウォーグレイモンを出したばかりに大量展開されて押し切られる可能性があるところ。

 

但し、再起動持ちブロッカーでDP11000ですから、ガンガンセキュリティにアタックできますし、ユニモンだけでは守れない相手を守れるのも1個の強み。

また、セキュリティでめくれても強力ですから、入れててよかったと思います。

 

3枚入れていますが、採用枚数を調整したほうがよいのかとも思いました。

ブラックウォーグレイモン

このカードも素で引いてうれしくて使いました。
もともとは1枚採用で微妙な印象でしたが、2枚入れると欲しい時に手札に来てくれて使いやすさが染みます。

 

DP10000以上のデジモンが相手場にいるとき、7コストで登場できまして、相手場で一番強いカードにアタックしたらアクティブに戻りますので、またアタックできます。

 

打点も12000と十二分。返しでもやられにくいですし、セキュリティに埋まってても強いです。

ウォーグレイモン(黒)と比べると、隙を見せない分こちらの方が運用しやすく出れば確実にセキュリティか10000以上のをつぶせます

 

反対に出せる機会は限られていますので、デッキタイプによっては一切活躍しないこともあります。

ミレニアモン

イカれ性能デジモンで、BT2に封入されているカード内No1の強さ。
進化時に1枚デッキボトムに流せるため、ウザいブロッカーを戻すもよし、高打点を飛ばすもよし……もちろんミレニアモンにもオメガモンにも有効です。

バウンスなので、ディアボロモンにも強いです。

 

消滅しても一度は復活するのも強いところ。15コスト踏み倒すってどういうことだ……

 

シャイングレイモンが来たことで幾分かは楽になりましたが、やはりオメガモンなどの高DPでガンガン殴る相手にきついため完全に対処できるのはうれしいですね。

 

ミレニアモンを出すためにウォーグレイモン(黒)とブラックウォーグレーモンを入れていますが、どちらもミレニアモンに進化させなくても十分戦えます。
どうしても出さなければいけないとき用に手札に温存しておくプレイングが重要です
シャイングレイモンでも同じことが言えますが。

 

出し方としてはお分かりの通り、12コスト払ったウォーグレーモン(黒)から進化させるか、7コストで登場したブラックウィーグレイモンに進化させます。

 

個人的にはブラックウィーグレイモンに進化が良くて、理由は

・そもそもコストが安い
・アタックしてレスト状態になったブラックウィーグレイモンに進化させても仕事ができる

・ウォーグレーモン(黒)の再起動持ちブロッカーが強すぎる

 

セキュリティやBT1パタモンで、手札に来ないことが分かると悲しい気持ちになるため2枚採用しています。

STタケル、BT1タケル、ヒカリ

f:id:gakutai:20200802101506j:plain

f:id:gakutai:20200802101544j:plain

f:id:gakutai:20200802101556j:plain

STタケル

毎度おなじみ、STタケル。セキュリティ+DP2000という破格のスペックで、黄色デッキを常に支えていてくれました。

 

シャイングレイモンやライズグレイモンと非常に相性がよく、また、灰汁が少ないので4投しています。

正直、3枚あれば十分ですが2コスト払っておくだけで、シャイングレイモンのDP-4000が使えると考えれば入れたほうがよいかな、と思います。

 

手札に溜まる分にはライズグレイモンで放出できますしね。

BT1タケル

被ると弱いカードだったのでこれまで3枚しかいれていませんでしたが、どうしても初手にないと厳しいのと、前述の通りライズグレイモンで放出、シャイングレイモンの弾にできるため4投。

 

4枚あると安定性が段違いで、STタケルを抜く選択肢はあっても、BT1タケルは4枚ないときびしいなと実感。

 

Lv3が引けないよりもこのタケルが来てくれないほうが辛いのでパタモンと進化ドローを駆使してなんとしてでも早めに手札に加えましょう。

 

セキュリティを覗ける効果もつよく、めくれて弱いLv3や手札に欲しいLv4を抜いてつかったり、私は居れていませんがセキュリティ効果がないオプションを手札に加えたりと小回りが利きます。

 

セキュリティに居たデジモンのDP次第で、STタケルを早めに張るべきかどうかも考えられます

ヒカリ

意外とつよいカード、ヒカリ。

 

セキュリティ3枚以下というのが、黄色デッキとアンチシナジーかなと思いましたが、シャイングレイモンが増えたことで、ホーリーエンジェモンやセラフィモンの投入枚数が減り、結果として使いやすくなりました。

 

効果が重複するので、メモリ5からはじめられたり、相手のセキュリティアタックを抑制出来たりといやらしい戦い方ができます。

 

また、登場コスト3というのも強いところで、メモリ3返しがしやすくなります。

本当は4枚採用でも問題ない強さですが、後ろ向きの効果で序盤より中盤以降活躍するため、2枚採用。丁度良い枚数でした。

今後の課題

先日の非公認大会とフリー大戦では10戦8勝となかなかの好成績でした。

 

今後の課題というか、構築を調整するとすれば、

・黒の枚数を減らしていいのではないか
・Lv4を増やすべきではないか
・Lv6は多すぎるのではないか
・オプションは数枚あったほうが良いのではないか

黒の枚数を減らしていいのではないか

現在、ウォーグレーモン(黒)*2、ブラックウォーグレイモン*3、ミレニアモン*2の7枚が黒いカード。

 

そもそも黄色も黒も展開が得意なデッキではないため、手札に黒がたまることが多い課題があります。
ミレニアモンを安定して立てるためにLv6を5枚いれていますが、少し減らしても良いかもしれません。

 

そもそもミレニアモンを出せる状況では、こちらが優勢のことが多く、反対に出そうと思いメモリを多く返し隙を見せる結果になります。

 

ただし、これら黒3種類にしかできない役割もありますので、むずかしいところ。色々調整してみましょう。

Lv4を増やすべきではないか

Lv6のシャイングレイモンとセラフィモンが強いので、そこに行きつくためのカードを多く入れるべきです。
私のデッキではLv4はユニモンとレッパモンしかおらず、また、ユニモンを進化させるのは極力避けたい。

 

そのため、Lv4を増やすのはアリ寄りのアリ。
候補として挙げられるのは

・Pテイルモン
・BT1エンジェモン
・STエンジェモン

Pテイルモンはセキュリティ3枚以上でDP+1000で登場コスト4、BT1エンジェモンは登場時に-3000を撃て、STエンジェモンはセキュリティが4枚以上のときアタック時メモリ+1。

 

どれも良い効果で迷います。
・セラフィモンやホーリードラモンのためDPを底上げするならばPテイルモン
ディアボロモンや低DPに対して厚く見るならBT1エンジェモン
・シャイングレイモンやセラフィモンでガンガンアタックしていく前提ならばSTエンジェモン

 

じっくり検討する必要があります。

Lv6は多すぎるのではないか

たしかに、一般的なデッキよりLv6ははるかに多く、手札がLV5,6ばかりというのもよくある話。ちょっと考えなければいけません。

 

減らすのであればシャイングレイモンを一枚減らすか、そもそもセラフィモンを全抜きしてシャイングレイモン特化にするかです。

 

ただし、Lv6を抜くとそっくりそのままデッキのパワーダウンを招くのも難しいところ。
自己軽減のためにLv6を抜くよりも、Lv4や5を増やして、いつLv6を引いても良いように組んだ方が賢明かもしれません。

オプションは数枚あったほうが良いのではないか

本来であれば黒やテイマーの枠にオプションを入れていたいのですが、枠がなくて現状入れていません。

 

入れるオプションとして候補になるのは

・ヘブンズゲート
ホーリーフレイム
・セブンヘブンズ
ポリフォニー
・エデンズジャベリン
グロリアスバースト

ヘブンズゲートはブラックウォーグレイモンとも相性が良く、セキュリティで引いても無駄にならないのが強い。
ホーリーフレイムは除去札ではないが、1ターン足止めできる強さ

 

セブンヘブンズはセキュリティでめくれたらつよい-10000。
ポリフォニーはセキュリティ効果がないが、ブロッカーやLv5を潰すのにちょうどよい。

 

エデンズジャベリンは手札依存ですがセキュリティでも仕事ができて、グロリアスバーストは後半になればなるほど強くなる。

 

どれも使い道があり、相手のデッキとこっちの状況によって打ちたいものが変わります。
但し、オプションの代わりになるデジモンが黄色には多いので、無理して入れなくても良いかと思います。

 

入れるとしたら使いやすいヘブンズゲートか、グロリアスバーストかエデンズジャベリンがちょっと良さそう。

まだまだ練っていきます!黄色は強いし楽しいぞ!

これで完成形ではないので、色々対戦していくうちにもっと磨いていければと思います。

調整してよい結果が出せれば再び構築を揚げようと思うので期待しててください!

Twitterもしているので、フォローおねがいします!

デジカ第2弾の黄色カードを紹介!!!ホーリーエンジェモンつよい!!

第2弾の発売日まで、1週間をきりました!

f:id:gakutai:20200715200752p:plain

7月18日現在、なぜかすでに届いている人もツイッターにちらほらいますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

これまでの4色に加え、黒と紫が登場しこれまでよりもっと複雑かつ面白いデジカになるでしょう!

 

黒や紫が出たとしても、黄色で戦い続けている1ヵ月後の自分を信じて、黄色カードをざっと紹介していこうと思います。

 

前回同様発売前ということで、カードの画像が使えないためご了承ください。
カードリストはすでに公開されていますので、そちらをみながらご覧頂ければと思います。

CARDLIST|デジモンカードゲーム

なんと、今回追加された黄色は14枚!!

 評価方法

☆5段階で評価していきます。
私の好みが存分に含まれるため、一つの参考程度にお考えください。

 

目安として、

☆5→強い。必須カード。ほとんどの黄色デッキで使える汎用性が高いカード。

☆4→強い。このカードを軸にデッキを組める。または積極的に採用したいカード。

☆3→汎用性が乏しく、人によって採用するかどうかが分かれるカード。

☆2→好みが分かれるが、使いにくいカード。ワンチャンあるかな?くらい。

☆1→私は使わないカード

 

デジカは特に人によって戦い方が変わりますので、自分の価値観を信じてくださいね!

デジタマ

 ニャロモン

Lv2 BT2-003

進化元効果

【相手のターン】このデジモンがレスト状態の間、自分のセキュリティデジモン全てのDPを+1000する。

 レスト状態だと真っ先に攻撃の対象にされそうで、効果を発揮する機会が少ないでしょう。

 

黄色のデジタマは、トコモン、キャロモン、キュピモンの3種。なかでも一番使いやすいのがキュピモンでした。

f:id:gakutai:20200718102622j:plain

 【アタック時】自分のセキュリティが5枚以上あるとき、≪1ドロー≫(自分のデッキからカードを1枚引く)。

 次点でトコモン。

 【自分のターン】[ターンに1回]相手のデジモンがDPが0になって消滅したとき、このターンの間、このデジモンのDPを+1000する。

 確かに、キュピモン・キャロモンと異なり、セキュリティの枚数を気にしないので、終盤でも腐りませんが、直接アドバンテージが取れる効果ではないので、微妙。

 

そもそも、自分がレスト状態になっているということは、事前にアタックしている状況で、DPが抑え目な黄色がセキュリティに勝てているのかもわかりませんので、結構使うのは厳しそう。

 

☆1

デジモン

アグモン

Lv3 BT2-033 登場コスト3 進化コスト0
DP3000

効果
なし

進化元効果
【アタック時】黄の自分のテイマーが3体以上いるとき、≪1ドロー≫(自分のデッキからカードを1枚引く)。

テイマーが3体以上というなかなか厳しめな制限。
今回の黄色デッキはテイマーを使わせたいカードが多く封入されている雰囲気で、アグモンもその1枚。

 

効果は決して弱くなく、登場コスト3のDP3000で標準。
2弾の段階で黄色のテイマーは3種おり、全部積み込んで12枚。その12枚のうち、場に登場させられるのは、上手く回って5枚程度なのかなぁという印象です。

 

また、テイマーをデッキに入れ過ぎても事故の元で、実際にそんなに積みこめません。
予想では、場に3体出せるのは、理想的なデッキのまわり方をしたときの中盤以降かなぁという印象。

理想的な回り方をしていて、中盤なんて来るのかという疑問もあり、実際に効果を発揮する機会は少ないのではないでしょうか?

 

効果もドロー1枚ですしね

テイマーサーチカードが少ない現段階では使いにくいでしょう。

☆2

プロットモン

Lv3 BT2-034 登場コスト4 進化コスト0
DP2000

効果
【消滅時】自分のセキュリティが3枚以下のとき、≪リカバリー+1《デッキ》≫(自分のデッキの上からカードを1枚セキュリティの上に置く)。

進化元効果
なし 

 消滅時、セキュリティが3枚以下の場合リカバリー+1。
強力な効果だけに、コストは4と少し高めです。

 

なかなか強そうなカードです。
序盤に素出ししておいて、セキュリティが3枚になったらアタックさせてセキュリティ回復させられます。

 

出しておくだけで、優先して除去を撃ってくれそうですし、いるだけで仕事をしてくれる予感。
最悪、使わなくなれば進化元にしてしまってもいいですしね。

 

☆4

ジオグレイモン

Lv4 BT2-035 登場コスト4 進化コスト2
DP 4000 

効果
なし

進化元効果
【アタック時】黄の自分のテイマーが3体以上いるとき、このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-2000する。

 アグモン同様、黄色テイマー三体以上で効果を発揮するカード。

 

先ほども言った通り、専用構築にしなければ黄色テイマー3体は相当難しいでしょう。
しかし、このカードはコストが4、進化元効果も攻撃的で、中盤以降出せれば活躍できます。

 

Lv5以上のほとんどのカードはDP4000以上ありますから、進化元にジオグレイモンがいるとブロッカーを弱体化しつつセキュリティアタックできます。

 

☆3

テイルモン

Lv4 BT2-036 登場コスト5 進化コスト2
DP3000

 効果
【登場時】紫の自分のデジモンがいるとき、このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-4000する。
【自分のターン】他の自分のデジモンが消滅したとき、このターンの間、このデジモンのDPを+3000する。

進化元効果
なし

場に紫がいるとき、デジモン1体をDP4000マイナスで、強力な効果!

紫と混色にしなければいけない制約はありますが、5コストで4000マイナスはつよい!!
BT1エンジェモンの強化版です。

f:id:gakutai:20200718105615j:plain

また、他の自分のデジモンを消滅させると、DP+3000となり、Lv4でDP6000ラインに。

 

もちろん紫使うこと前提のカードではありますが、後半の効果だけで考えてもなかなか強力ですね!

 

☆4

エンジェウーモン

BT2-037 登場コスト7 進化コスト3
DP 10000

効果
なし

進化元効果
なし

効果がありませんが、このコストのすくなさでDP10000はなかなか強い!
単純な打点でいけば、Lv5以下のデジモンでトップの強さです!

 

黄色はDPの低さが課題の一つでしたが、解消してくれる1枚で、しかも進化コストも3と普通。
セキュリティでめくれても良し、手札に来ても腐りにくい、まさに使いやすいカードです!

 

☆5

 ライズグレイモン

BT2-038 登場コスト8 進化コスト3
DP 7000

効果
 【進化時】自分の手札から、黄のテイマーカード1枚をコストを支払わずに登場できる。この効果で登場したテイマーの【登場時】効果は発揮しない。

進化元効果
【自分のターン】黄の自分のテイマーが3体以上いる間、このデジモンは≪セキュリティアタック+1≫(このデジモンがチェックするセキュリティの枚数+1)を得る。

 手札のテイマーカードを登場させられるカード。
テイマーカードの登場コストは、意外と馬鹿になりません。
BT1タケルは二枚目以降手札に来ても、4コスト支払いたくないがために登場させないことはよくある話。

 

ライズグレイモンは登場コストを踏み倒せるためありがたいですね!
しかし、登場時効果は使えないため、これまで何度か出て来た、黄色テイマー3体以上のエサにしましょう。

 

進化元効果も攻撃的でうれしく、後述するシャイングレイモンデッキで輝きそうです。

 

☆4

ホーリードラモン

BT2-039 登場コスト11 進化コスト3
DP10000

効果
【登場時】自分のセキュリティが3枚以下のとき、≪リカバリー+2《デッキ》≫(自分のデッキの上からカードを2枚セキュリティの上に置く)。【アタック時】自分の手札から、黄のLv.3のデジモンカード1枚をコストを支払わずに登場できる。

進化元効果
なし

セキュリティ3枚以下のとき、登場時効果でリカバリー+2。
11コストかかってでも、ピンチの時は使いたい効果です。

 

一見、11コストは重いからつかいにくいと考えがちですが、出した時のメリットが上回れば十分検討の余地はあります。

STセラフィモンなど、素で出すだけで圧力をかけられますからね。

 

問題点はセキュリティ3枚以下という状況。
自分でセキュリティを減らすことができず、プレイングによっては盤面に十分なキャラクターがそろうまでセキュリティを叩きにいかないこともあります。

 

むしろ、アタック時効果も強力ですから、それメインで運用してもよさそう。
Lv3デジモンの登場時効果の制約がないため、BT1パタモンを出して効果を使ってもよいですね。

 

☆5

オニファモン

BT2-040 登場コスト12 進化コスト3
DP11000

効果
【消滅時】このカードを自分のセキュリティの上に裏向きで置く。

進化元効果
なし

シンプルに、自分が消滅時にセキュリティに行く効果。
「消滅時リカバリー+1」と同じじゃん!!ってわけではなく、DP11000という高ラインがめくれる可能性があることに意味があります。

 

もちろん、BT1タケルで回収して、もう一度使いまわすことも可能。

 

疑問なのが、セキュリティのどこに置くのかということ。
一番上(1枚目でめくられるところ)なのか、置いた後シャッフルするのか……

ここらへんは裁定待ちですね。

 

場面を選ばないでリカバリー+1できますので、汎用性はなかなかなものではないかと思います。

 

☆5

シャイングレイモン

BT2-041 登場コスト12 進化コスト4
DP11000

効果
【進化時】黄の自分のテイマー全てをレストさせる。この効果でレストさせた黄のテイマー1体ごとに、以下の効果を発揮する。・このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-4000する。
【自分のターン】自分のテイマー1体ごとに、このデジモンのDPを+1000する。

進化元効果
なし

つっよ!!!!!!!

これまで散々、テイマーを並べることに難色を示していましたが、このカードは強い!!!
テイマーはもちろん多ければ多いほど良いですが、極論1枚いれば相手のLv3デジモン一体を消滅させられます。

 

マイナス4000の割り振りは自由なのも強いポイント。
例えば、テイマー4体いて、デジモン1体にマイナス16000を掛けても良いし、2体にマイナス4000ずつ、1体にマイナス8000としても良い。

 

進化コストが4っていうのがデメリットになりそうですが、後述のヒカリと噛み合えば問題ないでしょう。

 

もう一つの効果のDP+1000っていうのももちろん強力。

 

黄色アグモン系列をたくさん入れて、専用構築っぽくしたら、黄色らしからぬ強さになるでしょう!

 

☆4

テイマー

八神ヒカリ

 BT2-087 登場コスト3

効果
【自分のターン開始時】自分のセキュリティが3枚以下のとき、メモリーを+1する。

 まず、登場コスト3っていうのがえらい!!
BT1タケルを張っていればヒカリを出して動けます。

 

効果も重複できそうなのもつよく、出せれば出せるだけ良いカードです。

 

ターン開始時にセキュリティ3枚以下である必要はありますが、発動機会はなかなか多いでしょう。

 

ほんとう、黄色はテイマーが全部強い……

 

☆5

オプション

ネコパンチ

 BT2-097 使用コスト3

効果
【メイン】このターンの間、Lv.3の相手のデジモン3体のDPを-4000する。

セキュリティ効果
【セキュリティ】このカードの【メイン】効果を発揮する。

 コスト3で3体弱体化させられるのは単純に強力ですね。
セキュリティでめくられても使えるのはつよいです。

 

今回は各色にこういった低レベルメタカードが入れられているため、今後は低レベルを出して速攻を仕掛けるデッキは少なくなるでしょう。

 

実際に自分が採用するかどうかは分かりませんが(その時のはやりもあるでしょうし)、使われて嫌なカードであることは間違いありません!!

 

☆5

エデンズジャベリン

BT2-098 使用コスト6 

効果
【メイン】≪1ドロー≫(自分のデッキからカードを1枚引く)。その後、このターンの間、自分の手札1枚ごとに、相手のデジモン1体のDPを-1000する。

セキュリティ効果
【セキュリティ】このカードの【メイン】効果を発揮する。

 手札交換だけでなく、手札の枚数に応じて相手のデジモンを弱体化させるカード。
正直、このゲームは手札に困ることがないくらいドローできるため弱体化は結構できそうです。

しかし、そうはいってもドローに構築を偏らせていないと、手札はせいぜい6~7枚で推移する印象。

 

-7000ならばポリフォニーでもいいのかなと思いますが、こっちはドローに加えてセキュリティでも効果を発動するのが強いところ。

 

好みが分かれるカードですね。

 

☆3

グロリアスバースト

BT2-099 使用コスト9

効果
 黄の自分のテイマー1体ごとに、手札のこのカードのコストを-1する。【メイン】このターンの間、相手のデジモン1体のDPを-12000する。

 マイナスDP12000で9コストでも、順当に使いやすいなぁと思いますが、テイマーごとにコストが減りますから、これまた使いやすい。

 

パタモンがいればもっとコストを下げられます。

f:id:gakutai:20200509122719p:plain

 進化元効果
【自分のターン】相手のデジモンがDPが0になって消滅したとき、メモリーを+1する。

オメガモンが環境に居過ぎてDP12000は物足りなく感じるかもしれませんが、
DP13000以上のデジモンは現状、そのオメガモンしかおらず、2弾環境でもミレニアモンのみ。

 

12000マイナスはそれくらい強力な除去で、しかも場合によっては低コストでうてるので必須カードになるでしょう。

黒でDP11000のブロッカーも封入されますしね!

 

☆5

ざっと全解説!気になるカードはありましたか?

シャイングレイモン系統デッキが増えそうな予感がしますが、環境に食い込む力があるかは未知数!

 

シャイングレイモン以外で私が注目しているのは

・プロットモン
・エンジェウーモン
・オフォニモン
ホーリードラモン
グロリアスバースト

の5枚ですね!

 

発売が待ち遠しいです!